スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

軟弱地盤は地盤改良工事が必要です

住宅地は見た目上頑丈な地盤の上にあるのか軟弱な地盤の上にあるのか全くわかりません。あえて言えるのは造成地において、擁壁がある土地は埋め戻しをした確率が高いため、擁壁部分の土地はいくら点圧をしても地盤の強度を得ることはできません。
また、もともと田畑だった場所や、川沿いの土地なども地盤が弱いことが良くあります。
地盤調査によって軟弱地盤なのかそうではないのかは判明しますが、できることなら地盤調査を行う前に丈夫な地盤の土地を購入したいものです。
というのも地盤改良を行うと建築費とは別に地盤改良に伴う費用が必要になるためです。地盤改良方法は数種類ありますが、一番簡単な表層の地盤改良であってもやはり結構な金額が必要となってしまいます。
地盤改良をしなくても住宅を建てることは可能ですが、地盤が弱いとわかっていたらやはり地盤改良をしなければ住宅メーカーも住宅の保証ができません。
このようなことから、購入する土地の元々の地目を調べて明らかに地盤が弱いとわかるような土地であれば購入を見送るのが懸命といえます。
category : 土地購入 | comments(0) | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

スポンサーサイト

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








軟弱地盤は地盤改良工事が必要です | 住宅購入マニュアル 住宅購入で失敗しないためにサイトトップへ