スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

購入住宅地の面積にご用心

住宅地を購入するときに大地主さんの土地を分筆(分割して土地を売ること)した住宅地を購入することが良くあります。このような土地を購入するときに気をつけなければならないのが公簿売買された土地か実測売買された土地かということです。
公簿売買というのは明記上の坪数で実際の計測を伴わない住宅地の売買方法です。とはいっても一番初めに分筆したときには計測をしているのですが、昔の測量で行われた土地であれば測量自体に信用が置けないことがあります。
また、分筆した土地などを購入するときには契約書に実測面積と差異が生じた場合も売買代金の増減は認めないとうたっている場合が多いようです。
そのため、契約を結ぶ前に購入予定地が公簿売買でないか確認する必要があります。公簿売買された土地で測量をした結果明らかに面積が違う場合には最悪の場合建設予定の住宅の大きさを小さくしなくてはならなくなる場合があるので注意が必要です。
category : 土地購入 | comments(0) | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

スポンサーサイト

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








購入住宅地の面積にご用心 | 住宅購入マニュアル 住宅購入で失敗しないためにサイトトップへ