スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

玄関アプローチのバリアフリー

敷地の内と外、住宅の内と外との出入りの際バリアとなるのは段差です。住宅から道路や歩道へ出るための段差を解消するには階段を作らずスロープで平坦に仕上げるのが理想です。玄関用スロープなら車椅子での移動もスムーズにできます。
階段による玄関アプローチを作るときには場合、勾配を緩やかにして、必ず金属製(ステンレス製などの錆びにくい材質の金属)の手すりを取り付けましょう。また、敷地が狭くてどうしても玄関アプローチにスロープを取り付けられないことも多いと思います。そのようなときには、取り外し可能な玄関用スロープを用意しましょう。通常は玄関用スロープを取り外しておき、必要なときに玄関用スロープを設置するのです。また、玄関の位置が高い場所にあるのであれば、リフト式で垂直に昇降できる段差解消機などを利用することで車椅子にも対応可能です。
仕上げについて、玄関スロープにしても、階段にしても重要なのは安全第一ということです。雨の日などに滑って転ぶようではバリアフリー住宅としては失格でしょう。ですのでスリップ防止用の床仕上げを行うことはとても重要です。
また、玄関ポーチはなるべく広いスペースを確保しましょう。これは雨の日など玄関前で待つ場合にぬれないようにするためにとても重要なことです。
インターホンも使いやすい高さにして、玄関扉は開け閉めしやすい引戸タイプのものを選択しましょう。
category : バリアフリー住宅 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
スポンサードリンク

スポンサーサイト

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

玄関アプローチのバリアフリー | 住宅購入マニュアル 住宅購入で失敗しないためにサイトトップへ