スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

バリアフリー段階的にリフォームしましょう

最近の新築住宅バリアフリー住宅であることが普通になってきました。しかし、老人介護で必要となる手すりの設置や車椅子対応の廊下やトイレなどをバリアフリー対応にしている住宅は少ないのではないでしょうか。新築住宅を建てる人は30〜40代の若くて元気人が多いのではないでしょうか。そのような若い人などは手すりや車椅子の生活など考えていない人が多いと思います。これは当然のことです。例えるなら、やがて太るから大き目の服を買っておこうということと同じことです。
そこで、バリアフリー住宅を前提にしていても現在、住宅に住む人がやがて必要となる設備や工夫などは初めから用意しておく必要はまずありません。しかし、段差のないフラットな床や玄関の段差解消、階段の段差の緩和など通常生活において必要なバリアフリー対応はもちろんしておくべきことです。
住宅も10年おきくらいに少しずつリフォームすることにより、住宅自体が長持ちしますので、長いスパンで住宅のリフォーム計画をたてて、いざというときに備えることが大事です。初めに使いもしない設備をおくこと自体ムダですので現在必要なバリアフリー設備を設置することをお勧めします。
category : バリアフリー住宅 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
スポンサードリンク

スポンサーサイト

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

バリアフリー段階的にリフォームしましょう | 住宅購入マニュアル 住宅購入で失敗しないためにサイトトップへ

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

Sponsored Links

Feed

無料ブログ作成サービス JUGEM