スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

和室の柱は何にしますか

最近の住宅では和室も大壁和室が多くなってきて、真壁の和室を見る機会も減ってきました。
和風住宅であれば真壁和室を作る人も多いでしょうが、最近の洋風住宅では真壁和室は本当に少なくなってしまいまいました。
真壁和室の魅力はなんと言っても柱がそのまま化粧材として見えていることによる高級感があるのではないでしょうか。また、柱もそのまま見えるために柱自体の耐久性もあがると考えられます。
そこで真壁和室の柱の材種は何を使用しますか。全国的に多く用いるのは杉材が真壁和室に用いられることが多いのではないでしょうか。真壁和室に使う柱は節の無い割り柱(芯持ち材よりも大きな木を木割りして取り出した柱)を使用することが多いです。
そのほかに値段が高くなりますが、檜の柱を使用する住宅もあります。最近では集成材に突き板を貼り付けた和室用の柱を使用する住宅も多くなっています。
杉の和室用柱の場合赤身の柱がやはり価値があり、値段も高くなります。また、入り口などは白太(白い部分)を内側に向けて内部から突っ張るようにして用います。
和室はやはり芯壁和室の方が高級感があり、和室の威厳が保てるような気がします。
category : 住宅の部材 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
スポンサードリンク

スポンサーサイト

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

和室の柱は何にしますか | 住宅購入マニュアル 住宅購入で失敗しないためにサイトトップへ

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

Sponsored Links

Feed

無料ブログ作成サービス JUGEM