スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

玄関アプローチのバリアフリー

敷地の内と外、住宅の内と外との出入りの際バリアとなるのは段差です。住宅から道路や歩道へ出るための段差を解消するには階段を作らずスロープで平坦に仕上げるのが理想です。玄関用スロープなら車椅子での移動もスムーズにできます。
階段による玄関アプローチを作るときには場合、勾配を緩やかにして、必ず金属製(ステンレス製などの錆びにくい材質の金属)の手すりを取り付けましょう。また、敷地が狭くてどうしても玄関アプローチにスロープを取り付けられないことも多いと思います。そのようなときには、取り外し可能な玄関用スロープを用意しましょう。通常は玄関用スロープを取り外しておき、必要なときに玄関用スロープを設置するのです。また、玄関の位置が高い場所にあるのであれば、リフト式で垂直に昇降できる段差解消機などを利用することで車椅子にも対応可能です。
仕上げについて、玄関スロープにしても、階段にしても重要なのは安全第一ということです。雨の日などに滑って転ぶようではバリアフリー住宅としては失格でしょう。ですのでスリップ防止用の床仕上げを行うことはとても重要です。
また、玄関ポーチはなるべく広いスペースを確保しましょう。これは雨の日など玄関前で待つ場合にぬれないようにするためにとても重要なことです。
インターホンも使いやすい高さにして、玄関扉は開け閉めしやすい引戸タイプのものを選択しましょう。
category : バリアフリー住宅 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
スポンサードリンク

バリアフリー住宅で安らかに

若くて元気な時に住宅に求めるものは何でしょう。外観や設備の高級感や、収納の多さ、また、利便性のよさなどでしょう。人それぞれで10人いたら10人違うことを住宅に求めると思います。
しかし、自分の体が不自由になったときにはそのようなことはどうでもよいことです。もし、足に怪我をした場合など廊下やトイレ、洗面、浴室にバリアフリー設備である手すりがあったらどのくらい便利であるかわかると思います。
元気で体に不自由を感じないうちはバリアフリーについて考えることは少ないものです。いざ自分が高齢者になり体に不自由を感じるようになったら、まず生活しやすい環境が一番大事だということに気づくでしょう。
また、人間は年を取れば死んでいくものです。自分の暮らした家で死を迎えることが一番よいことだと思います。自然な死を迎え入れられるように老いをサポートしていく住宅つくりもとても大事なことです。
category : バリアフリー住宅 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
スポンサードリンク

目に見えない障害を取り除く

バリアフリーは何も段差解消や手すり設置などだけではありません。生活するうえで不自由を感じることがバリア(障害)になってしまうのです。
たとえば住宅内の温度差。普段くつろいでいる茶の間やリビングなどは冬でも暖房を効かして暖かくしていることでしょう。しかし、リビングから廊下などへ一歩踏み込んでしますと、急激な温度差(ヒートショック)が合ったりするのではないでしょうか。そのような住宅の中でもトイレに暖房器具がない住宅は多いと思います。お年よりはトイレに行く回数が増えますが、冬場にトイレが寒いとトイレに行くことが億劫になったりしてしまいます。ちょっとしたことですが、トイレに暖房用の電源を一つつけるだけでもトイレが快適空間に変わってしまいます。
また、住宅内部の照明器具のスイッチもとても重要です。暗い中照明用のスイッチを探すのに目が見えずに転んでしまうこともあります。転倒防止のためにも照明の電源が入っていないときには明かりがつくスイッチやスイッチ本体が大きめの物を使用することもバリアフリー住宅には重要なことです。お年寄りの暮らしている住宅などはトイレにつながる廊下などには常夜灯などがあるととても便利です。
最後に収納についてです。収納とバリアフリーは関係ないように思われるかもしれませんが、重い物を食器棚の上や吊戸棚の中に入れるようなことがないように、特にお年寄りの住宅には床に近い場所に収納できるように収納庫を設置しておくこともバリアフリー対応といえます。
category : バリアフリー住宅 | comments(0) | trackbacks(2)
ページトップ▲
スポンサードリンク

バリアフリー段階的にリフォームしましょう

最近の新築住宅バリアフリー住宅であることが普通になってきました。しかし、老人介護で必要となる手すりの設置や車椅子対応の廊下やトイレなどをバリアフリー対応にしている住宅は少ないのではないでしょうか。新築住宅を建てる人は30〜40代の若くて元気人が多いのではないでしょうか。そのような若い人などは手すりや車椅子の生活など考えていない人が多いと思います。これは当然のことです。例えるなら、やがて太るから大き目の服を買っておこうということと同じことです。
そこで、バリアフリー住宅を前提にしていても現在、住宅に住む人がやがて必要となる設備や工夫などは初めから用意しておく必要はまずありません。しかし、段差のないフラットな床や玄関の段差解消、階段の段差の緩和など通常生活において必要なバリアフリー対応はもちろんしておくべきことです。
住宅も10年おきくらいに少しずつリフォームすることにより、住宅自体が長持ちしますので、長いスパンで住宅のリフォーム計画をたてて、いざというときに備えることが大事です。初めに使いもしない設備をおくこと自体ムダですので現在必要なバリアフリー設備を設置することをお勧めします。
category : バリアフリー住宅 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
Page: 1/1   
バリアフリー住宅 | 住宅購入マニュアル 住宅購入で失敗しないためにサイトトップへ

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

Sponsored Links

Feed

無料ブログ作成サービス JUGEM