スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

介護が必要になる前にリフォーム

今現在元気な人でも高齢になると体力が弱くなり寝たきりになることがあるかもしれません。そのときに介護サービスによるヘルパーさんの手を借りたいものです。在宅介護サービスで家に来てくれた介護ヘルパーさんや、介護福祉士から効率よく作業をしてもらうために住宅内部にも工夫が必要なのではないでしょうか。
介護を受ける人で在宅介護を断る人がいるようです。そのような人のほとんどは住宅の中が片付いていなくて、介護ヘルパーさんや介護福祉士にきてもらうことにためらいを感じているようです。そのような理由で介護サービスを断ってしまうのであれば、介護福祉という観点から見て【本末転倒】であるというしかありません。これは迎え入れる側の礼儀なのでしょうが、介護サービスを受け入れられるくらい普段から来客歓迎の住宅にしてみてはいかがでしょうか。
楽しい仲間がご自宅にやってきて、必要なものの場所がわかるくらいにオープンな住環境にしておくことが心のバリアフリーにつながることだと思います。
category : 住宅リフォーム | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
スポンサードリンク

バリアフリーリフォームをする理由

あなたは今住んでいる住宅バリアフリーリフォームを考えたことがありますか。バリアフリーリフォームはいつの時点ですればよいのでしょうか。自分の体が思うように動かなくなったときにバリアフリーリフォームをしようと思うかもしれません。しかし、いざ自分の体が動かなくなってから先立つもの(お金)があるでしょうか。まず、計画性がないとバリアフリーリフォームなどはできません。バリアフリーリフォームを行うには結構工事費用がかかってしまいます。。
そこで、自分でできるバリアフリーリフォームを自分でリフォームをしてみませんか。プロではないとバリアフリーリフォームができないわけではありません。確かにバリアフリーリフォームの多くは専門知識や技術が必要なことも多いのですが、簡単にできるバリアフリーリフォームもあるのです。
その一つに手すりの設置があります。手すりは普段は手をかけるだけなので、たいして過重がかかることはないですが、もし、転びそうになったときなど体のほぼ全体重が手すりにかかるため、頑丈にしておかなければなりません。そのためにバリアフリーリフォームにおいて手すりを取り付ける器具(ブラケット)のビスが木下地にかかる場所を探す必要があります。バリアフリーリフォームの場合壁下地の細い木材にビスをもみつけても意味がありません。バリアフリー用の手すり下地になっている柱にビスがかかるようにしなければなりません。下地を探すにはホームセンターなどに木下地を探す道具が売ってますので購入しておくと便利です。
このようにして、自分でも割合簡単にバリアフリーリフォームできますので、体が動くうちにバリアフリーリフォームをチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
category : 住宅リフォーム | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
Page: 1/1   
住宅リフォーム | 住宅購入マニュアル 住宅購入で失敗しないためにサイトトップへ

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

Sponsored Links

Feed

無料ブログ作成サービス JUGEM