スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

住宅選びは自分の希望を整理することから

住宅を選択するときの基準は何ですか。住宅にはどのようなことを希望しますか。外観や内装、間取りなど住宅に対する希望は千差万別です。
その中でも自分の一番希望する住宅についてじっくり考えて見ましょう。
もし、外観のスタイルが自分にあった規格型住宅があったならその規格型住宅を発売している住宅メーカーを選択することもあるでしょう。
そのほかに設計の自由度の高い住宅つくりを好む人、人とは違う住宅の外観や間取りを望む人。住宅の好みを自分なりに煮詰めていくと自分がほしい住宅像が浮かんできます。
住宅を購入するときには先ず自分の理想の住宅を想像することからはじめてみてください。
category : 住宅選び | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
スポンサードリンク

あなたの住宅に対する気持ちを受け取る会社を選びましょう

住宅選びというのは本当に大変な作業です。楽しいはずのマイホーム選びが次第に不安を感じるようになって着たりします。しかし、そのような時あなたの住宅に対する気持ちを受け取ってくれる住宅メーカーの営業マンや現場監督がいればとても心強いものです。
住宅を購入する側はほとんどの人が素人です。素人は住宅工事がどのような工程で進んでいるのか、また、工事内容に不備があるのか、無いのかぜんぜんわからないことが多いです。
そのようなときにうまくアドバイスをしてくれる担当者がいると住宅に対する不安がある程度薄れるものです。また、住宅工事現場で働く職人さんたちの雰囲気の良い建築会社は施主であるあなたが住宅工事現場に訪れても和やかな雰囲気になり気軽に会話も出来るはずです。
これらの条件を満たす住宅会社を見つけることが出来れば住宅つくりはほぼ100%成功したといえるのではないでしょうか。
category : 住宅選び | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
スポンサードリンク

建築会社のセンスが自分と合うか

住宅作りにはセンスが問われます。派手な外装の住宅が好みの人もいるでしょう。その反対にシンプルな住宅が好みの人ももちろんいるでしょう。
そのほかに住宅の内装にしてみても洋風なカジュアルな感じの住宅が好きな人や、和風にこだわった住宅つくりをする人などなど。住宅つくりにはさまざまな個性とセンスが現れてきます。
このようなことから、住宅メーカーなどが進める間取りや内外装などのプランが自分のセンスと違う場合が発生することもよくあります。
しかし、住宅会社の進めるプランは今までの経験上一番無難な案を提出することがおおいので自分が求める住宅作りに不安を感じたら住宅メーカーの提案した住宅のプランも参考にすることでよりよい住宅つくりが可能となります。
category : 住宅選び | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
スポンサードリンク

住宅メーカーは大きいから良い会社とはいえません。

住宅メーカーには大小さまざまな会社が存在します。日本の住宅会社だけでも数万件あるそうです。小さい住宅会社は1人で経営している住宅会社もたくさんあります。
また、大手ハウスメーカーのように数千人規模の人員を有している住宅会社もあります。
しかし、住宅会社は大きさによって優劣が判断できないのが実情です。いくら大手のハウスメーカーであっても対応力が悪い住宅会社であればいくら良い住宅を購入しても住宅のアフターフォローに不安が残ります。
住宅というのは購入した後のほうが問題が生じるものです。小さな建築会社の場合機動力に優れている住宅会社も多くあると思います。また、小さな住宅会社とは個人的な付き合いも生じるかもしれません。そうなると住宅の保守点検なども気兼ねなく行ってくれることでしょう。
住宅会社を選ぶときには住宅を購入した後の対応力の良い住宅会社を選ぶようにしたいものです。

category : 住宅選び | comments(0) | trackbacks(1)
ページトップ▲
スポンサードリンク

吹き抜けのある家

吹き抜けのある住宅はとても開放的な印象を持たせてくれます。今から10数年前の住宅には吹き抜けなどのような天井の高い住宅はあまり見受けられませんでした。しかし、最近の住宅においてはリビングや玄関に吹き抜けを設けた住宅がとても多くなってきました。
吹き抜けがあると縦方向の開放感を得ることから部屋全体がとても大きく感じます。(実際に体積では大きくなるのですが)
しかし、吹き抜けのある住宅は冷暖房設備に注意を払う必要があります。特に暖房に関しては暖かい空気が上に上がるという性格上どうしても床に近い部分の気温が低くなってしまいます。
これらを解消するために吹き抜け上部に窓を設けて出来るだけ採光をとるようにします。また、吹き抜けの天井に扇風機を取り付けて部屋の空気を拡販するようにすることでだいぶ暖房の効果が変わってきます。
吹き抜けを住宅に設けるときにはこのようなことも頭のかたすみにでも入れて間取り設計をしてください。

category : 住宅選び | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
スポンサードリンク

ダイライト工法で住宅に耐震力をつけよう

木造在来軸組工法は基本的には筋交いで地震や台風などへの耐震力や耐風力を期待してきました。しかし、最近では壁工法と同じように面材による耐震、耐風力に備える住宅作りを取り入れている住宅も多くなってきました。
その中でも大建工業のダイライトという面材を使用し耐力壁を作り上げる住宅が見受けられるようになりました。ダイライト工法に用いられるダイライトとは準不燃・防火構造認定を取得しとおり、耐火性に優れた建材です。また、強度に対してもとても期待でき壁倍率3倍の性能があります。ちなみに構造用合板は壁倍率2.5倍です。
その他として、シロアリに対しても高い防蟻性能を有しています。このようなダイライトを使用したダイライト工法の住宅もこれからの木造住宅に多く用いられてくるのではないでしょうか。
category : 住宅選び | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
スポンサードリンク

高気密住宅の注意点

高気密住宅を作るには部屋の隅々まで外部との空気の出入り口をなくす必要があります。そのために外部に面した壁と天井に気密用のシートを張り巡らせなければなりません。
この気密シートは約2.1m幅のものをしようして、継ぎ目から空気の出入りができないようにテープで目張りしなければなりません。また、梁から胴差しにシートをとめてから、一階床周りでは捨て貼り合板の上で約10cm折り曲げて施工します。
この作業を連続して行い家中をシートで覆う必要があります。玄関や浴室などは床がないために土台下端まで気密シートをたれ下げてテープで止める必要があります。2階部分も一階同様床周りまで気密シートをたれ下げます。
気密シートを完全に張り巡らしたら天井下地にも気密シートを張り巡らせて完全に外部と遮断しなければ高気密住宅は完成しません。
高気密住宅は手間がかかりますが、少しでも外部との漏れが発生しないような施工を心がけなければなりません。
category : 住宅選び | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
スポンサードリンク

ハウスメーカーを選ぶ理由

マイホームを購入するときに建築会社を選ぶ必要があります。その中でもハウスメーカーを選ぶ人は何を基準にハウスメーカーを選択するのでしょうか。
まず住宅購入をするという行為は洋服や食材を買うように容易なことではありません。住宅購入は購入費が他の買い物と桁違いに違います。
そのようなことから、自然とマイホームを購入する時には慎重になってしまいます。どこの建築会社が一番信頼が置けるか。また、いかに安く住宅を購入することができるか。このことは住宅購入において、一番の肝ともいえることでしょう。
そこで、ハウスメーカーのように名前の売れた会社はどうしても安心感があり、中小の建築会社よりも住宅購入を考えるときに一番最初の選択肢の中に入ってしまうのでしょう。
やはり、ハウスメーカーを選ぶ理由は知名度が一番なのではないでしょうか。しかし、一生生活するかもしれない家作りです。知名度だけで選択するのではなく自分のライフスタイルや希望に合った建築会社を選ぶことが重要なのではないでしょうか。
category : 住宅選び | comments(0) | trackbacks(1)
ページトップ▲
Page: 1/1   
住宅選び | 住宅購入マニュアル 住宅購入で失敗しないためにサイトトップへ