スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

ホルムアルデヒドに関する規制をご存知ですか

 

住宅のシックホーム対策のうち一番取り組まれているのがホルムアルデヒドの飛散量を減らすこととされています。

そのため、ホルムアルデヒドに関する規制があるのですが、この規制には以下の3つの対策があります。


まず一番目に内装仕上げの制限です。

この内装仕上げの制限については実にさまざまな材料に規制がかけられています。

住宅に用いられる建材はもちろん、接着剤やクロスにまでホルムアルデヒドの入った製品を使用しないことになっています。


次に換気設備の義務です。



category : 基礎知識 | comments(11) | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

リビングは広々とした空間を演出しましょう

本来、日本の家というのは障子かふすまで間仕切りをしていました。このことにより、昔の家では人が沢山集まるときには障子やふすまを全て外すことにより、住宅内に大広間を作ることができました。
現在の住宅は間仕切りが多く大きな空間を瞬時にして作ることはできません。耐力壁が多いことにより、住宅の耐震上はとてもよいのですが、住宅内でホームパーティー等の人の集まるときにはちょっと手狭になることがあります。これは市街地に近い土地に家を建てる人は顕著になってしまうのではないでしょうか。
そこで、そのような家の場合、住宅の1階部分のリビング、ダイニング、キッチンを1つの部屋にしてみませんか。1部屋にすることで今まで間仕切られていた空間が1つの部屋となり、住宅内にたくさんのお客さんを呼んでも手狭になることはなくなります。
しかし、ここで不安になるのは地震などの災害に対する壁面(耐力壁)の少なさだと思います。耐震力を高めるには住宅内に壁面を多くする必要があります。そこで1つの大きな空間を作りながらも必要な耐力壁を作るようにすれば地震への耐震力向上を図ることが可能となります。また、住宅内の部屋に耐力壁を設けることで梁なども大きくする必要がなくなり、結果的に住宅の建設コストを下げることも可能となります。この耐力壁を設けたことで部屋にちょっとした間仕切りが出来てしまいますが、完全にクローズ状態にあるわけではないのでそれほど気になることもないと思われます。
マイホームを建てるときにはこのような大広間を設けてみてはどうでしょうか。
category : 基礎知識 | comments(0) | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

システムキッチンのレイアウト

住宅に使用されるシステムキッチンは配置位置によってオープン型とクローズド型に分けることができます。
オープン型のキッチンには儀燭キッチンなどを外側の壁に取り付けるタイプのキッチンがあります。また、アイランド型キッチンなどは全ての方向においてオープンスタイルです。
クローズ型のキッチンキッチンルームが完全に独立しており、調理などの炊事作業が外部に見えないために煙や作業音が他の部屋に漏れることが少ない設計のキッチンです。
そのほかにセミオープン型のキッチンとして、対面式キッチンなどがあります。対面式キッチンにはシステムキッチンの上部に吊戸を設けるか設けないかで開放感がぜんぜん変わってしまいます。
吊戸の高さは170cmくらいに設置することが多いことからキッチンカウンターの高さ110cmくらいの高さを引くと60cmくらいのオープンスペースしかないために人によっては圧迫感を感じてしまうかもしれません。
キッチンの設置スタイルは見た目だけではなく、調理をする人の意見を尊重した作りにすることが望ましいです。
category : 基礎知識 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
スポンサードリンク

基礎工事まで

住宅を作るときには様々な工程があります。工事着工までの打ち合わせも住宅工事の工程に入るかもしれません。
しかし、工事としての工程としてはまず工事着工式があります。これは一般住宅であれば地鎮祭になります。住宅建替えなどの場合は住宅解体が工事着工になります。
その後に地縄張りといって、住宅の大体の大きさと位置を住宅地の上に縄を貼る作業があります。このとき木杭とロープを使用します。
その後遣り方(やりかた)を作ります。遣り方とは基礎を作るときの高さと位置を示すものですから、とても大事な作業といえます。
遣り方は木杭を住宅の所要の位置に打ち込みその杭に板(貫材)をとめていきます。その板に住宅の間仕切りの寸法を記していきます。
最近では基礎専門の業者が遣り方まで出すことが多いようです。また、トランシットを用いて直角(かね)を出すために基礎の精度も良くなってます。
category : 基礎知識 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
スポンサードリンク

引戸の魅力

昔の日本の住宅はふすまと障子で間仕切られた住宅でした。しかし、住宅にも洋風化が進み入り口はドアが多くなってしまいました。
開き戸の場合密閉性が良いことからプライバシーを重視する人にはとても安心できる建具であると言えます。
しかし、最近の住宅では引戸の建具が多くなってきました。引戸の場合ドアが開くときに廊下などで邪魔になることが無いために車椅子などに乗られる人にはとても都合が良い建具といえます。
また、ものを持っているときにも引戸の場合は開閉が楽にできることから引戸の人気が復活したのでしょう。
そのほかにも引戸はドアを開けっ放しにしていても違和感がなく開放的な空間を演出できます。また、トイレなども引戸(片引き戸)にすることで、車椅子などを使用するときなどにはとても便利になります。
category : 基礎知識 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
スポンサードリンク

木造住宅の構造計算

一時期大型建造物の耐震偽装問題がマスコミを騒がせていました。あの耐震偽装問題はまだ解決されていませんが、次第にマスコミも話題性がなくなってきたために耐震偽装問題が沈静化してきました。
しかし、大型建築物だけが耐震偽装をしていたわけではないはずです。戸建ての住宅など特に木造住宅の場合構造計算が難しく実際は構造計算をしていない住宅も多くあります。
国の確認申請を出すときに住宅の壁面計算などは実施しますが、木造住宅に用いる梁の大きさなどは工業製品でないために実際の強度はおおよその値しか出せません。
このようなことから、特に木造住宅においての構造計算は大体の値しか出すことは出来ません。しかし、構造金物や耐震面材の使用などで強度的には問題ない住宅つくりをしていくことが望まれます。
category : 基礎知識 | comments(0) | trackbacks(1)
ページトップ▲
スポンサードリンク

住宅保証制度後の住宅作り

今から数年前欠陥住宅についてマスコミなどで大々的に騒がれていた時期がありました。バブルの頃の手抜き工事や違法建築がバブルがはじけて世間が住宅について冷静な目で見れるようになったころに欠陥住宅が騒がれるようになったのででしょう。
しかし、このマスコミ中心に発展した欠陥住宅騒ぎは実は欠陥ではない住宅まで欠陥住宅として取り上げられていた事実も見逃せません。
ある一級建築士などユニットバスの施工が悪いと指摘していましたが建築業界で働く人間から見ると当たり前の普通の施工であってもあたかも手抜き工事のようなことを平然と言っていました。
しかし、欠陥住宅が無いわけではありません。あからさまに欠陥住宅と呼ばれるような住宅が存在することも事実です。
そのような住宅が建てられないように住宅保証制度が発足してしばらくたちます。この住宅保証制度は明らかに施工側に否がある場合には住宅の補修を無償でさせる制度です。
悪徳業者などはこれらの制度を悪く言うかもしれませんが、当たり前の住宅施工をすれば欠陥住宅は出来るわけがありません。
category : 基礎知識 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
スポンサードリンク

酸性雨に注意

以前酸性雨はヨーロッパなどで問題になっていましたが日本ではあまり問題視されていませんでした。しかし、最近は中国の工場から排出された硫黄酸化物や窒素化合物を大量に含んだ排煙が原因と思われる酸性雨が問題になってきました。
この酸性雨住宅においても大変な問題を起こします。屋根材などで使われている銅板は耐食性が良いことで以前はよく用いられてきました。最近でも見た目のよさから銅板を使用しますが、この銅板は酸性雨に犯されやすい性質を持っています。金属はほぼすべて酸性雨の影響を受けてしまいます。
そこで雨漏れを防ぐために用いる住宅用の板金に腐食による穴あきなどが発生するようになって来ました。そのために最近の住宅では銅板ではなくステンレス素材の板金が使われるようになってきました。
そのほかにも住宅に多く使われているコンクリートなども酸性雨による影響を受けやすいために今後注意が必要となってくると思われます。
category : 基礎知識 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
スポンサードリンク

換気扇の必要性

住宅には換気扇が数箇所設けてあります。住宅のうち良く用いる換気扇にはキッチン用のレンジフードやトイレ、洗面所、浴室の換気扇があります。また、リビングや居室に換気扇を設けている住宅もあることでしょう。
換気扇は名前の通り住宅の空気を屋外に出すための装置です。料理を作るとき発生する煙やトイレの臭気、洗面所、浴室の水蒸気の排出など換気扇がなければ住宅中が汚れた空気で充満してしまいます。
窓を開けることである程度換気を出来ますが、窓の設置の出来ない間取りや雨の日などは窓を開けることが出来ませんのでやはり住宅には換気扇は必要になります。
しかし、換気扇はモーター音が発生しますので、住宅のうち寝室などは眠るときなどはモーター音が気になると思いますので排気能力の強い換気扇をつけないほうが良いのではないでしょうか。
category : 基礎知識 | comments(0) | trackbacks(1)
ページトップ▲
スポンサードリンク

棟換気で家の温度を下げましょう

住宅の中で一番温度が上がる場所はやはり屋根裏です。最近の住宅は屋根垂木の間にスタイロフォームなどの断熱材を敷きこんで住宅の屋根材からの断熱を施すように工夫されてきてますが、やはり住宅の屋根裏はとても暑いです。特に真夏の日中などの住宅の屋根裏は外気温より温度が高くなることは避けることは出来ません。
住宅の屋根裏の温度が高くなっても住宅自体に影響を与えることは少ないかもしれませんが、温度が上昇した住宅で生活する人間にはとても生活しづらくなります。このことから、住宅の屋根裏の高温になった空気を外部に排出することで住宅の屋根裏の温度を下げることが望まれます。
そのような住宅の屋根裏の温度を下げる方法の一つに棟換気があります。この棟換気は住宅の屋根の棟部分(屋根の一番上の山の部分)に通気口を設けて住宅の屋根裏の熱い空気を外部に出す換気方法です。
棟換気は換気口であるため外部からの漏水に注意が必要となりますが、漏水防止を完璧に施すことで住宅への雨水浸入はあまり気にしなくても良いと思います。
category : 基礎知識 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
Page: 1/3   >>
基礎知識 | 住宅購入マニュアル 住宅購入で失敗しないためにサイトトップへ