スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

住宅ローンの支払計画は万全ですか(

マイホームを購入するときに住宅ローンからの借り入れをする人がほとんどなのではないでしょうか。しかし、住宅ローンはいくらでも借り入れができるというものではありません。また、金融機関などから住宅ローン融資を受ける場合、審査どうしてもがあります。この住宅ローンの審査は金融機関によって多少の違いがありますが、全ての金融機関の審査で言えることは、一定以上の収入がなければ住宅ローンの借り入れはできないということです。
住宅ローンの借り入れを行う際に気をつけなければならないのは収入金額です。住宅ローンの借り入れを行うときには税込み収入で審査を受けるのですが、実際住宅ローンを払うときには税引き後の収入になります。要は手取り収入から住宅ローンを支払わなければならないのです。そのために住宅ローン以外に差し引かれる各種ローンや保険などの金額も考慮しなければなりません。
もし、毎月の手取り金額が25万円あるのであればその中からどのくらいの割合を住宅ローンに当てられるか計算してみてください。また、住宅ローン以外の借り入れがあったり、その他必要な金額を考慮しなければ住宅ローン返済は厳しくなります。大体年収の20〜25%が住宅ローンに当てられる金額といわれています。実際使えるお金(手取り金額)で考えた場合の住宅ローンの割合を考えなければ住宅ローンの返済は不可能となってきます。最悪の場合住宅ローンを支払いできずにせっかく手に入れたマイホームを手放さなければならなくなることも考えられます。
住宅ローンの借り入れをする時には無理のない金額を設定して現在の生活を維持できる住宅ローンを組む必要があります。
category : 住宅ローン | comments(0) | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

理想のマイホームを選ぶまで

あなたの理想のマイホームはどのような住宅でしょうか。マイホームを所有できる人の全国平均年齢は42歳だそうです。この年齢を高いと見るか低いと見るかはあなた次第です。しかし、マイホームは家庭を持ってお子さんができると無性に欲しくなってくるものです。マイホームはやはり狭いながらも楽しい我が家です。
若いうちはマイホームへの憧れはあまりないでしょうが、ある程度社会的に認められてくるとマイホームが欲しくなってくるものです。最近ではマイホームを持つことだけが社会的なステータスではなくなってきたといわれていますが、やはり、持ち家というのは社会的にちょっと一目置く資産だと思います。そのために各種ローンの記入欄に住宅の所有形態をかく欄があったりします。
しかし、マイホームを建てるとなるとやはり必要なのが資金です。住宅ローンを無制限に借り入れが可能であれば超高級住宅でも購入することは可能だと思いますが、マイホームを建てる時の住宅ローンの借り入れには様々な審査があり、誰でも住宅ローンを借り入れすることができるというわけではありません。
マイホームを建てる時、自分の所得に応じた金額しか住宅ローンを借り入れすることはできません。当たり前ですが・・・現実は厳しいものです。
マイホームを建てる時に住宅ローンを多く借り入れたとしても、毎月の支払額が多額になってしまっては住宅ローン返済ができなくなってしまい、まさに本末転倒になってしまいます。
住宅ローンの返済が出来ないという最悪の状態が起こらないためにも、マイホームを建てる時の住宅ローンの借り入れはこれから将来の生活設計を立てた上で借り入れをする必要があります。
category : 住宅ローン | comments(0) | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

住宅ローン 資金援助2

前回に引き続き住宅の資金援助の方法について紹介していきます。今回は残りの2つを紹介します。
2.親に共同出資者になってもらう(共有名義)
親から借金しても返済の自信がない人や、贈与税の各種特例(後述)限度額を超えて多額の援助を受ける場合には、親子で住宅を共有名義にする方法があります。
共有とは、各共有者がそれぞれの出資割合に応じて住宅の名義を共同所有すること。親と子の両者の資金力を合わせて1つの住宅を手に入れることです。近い将来親と同居することになっても、互いの名義が併存していることで、スムーズな二世帯生活が始められることもできます。
しかし、共有名義にもデメリットがあります。それは相続が発生した場合です。たとえば、親が死亡して親の所有権が兄弟に引き継がれた場合、今度は本人と兄弟との共有名義となってしまいます。そのため、ローンを借り替えたり自宅を売却しようとした際に、共有者(兄弟)にも同意を求めなければならなくなります。1人でも反対者がいると、円滑な取引ができなくなってしまうため、相続人の間で何かトラブルが起こる心配がある場合など、生前時に遺言を作成しておくなど、必要な準備をしておきましょう。
3.税制上の「非課税枠」を利用
平成15年度に創設された「相続時精算課税制度」などを利用する方法があります。要は贈与税の非課税枠を利用するのです。、結構知られている方法なので、ご存知の人も多いだろう。
制度の内容を簡単に補足しておきましょう。相続時精算課税制度とは65歳以上の親から20歳以上の子供への贈与について、親が死亡するまでの複数年にわたって贈与額合計2500万円(贈与金の使途は住宅取得等に限定されない)までは課税されないという制度です。そして、一定の要件を満たした自己居住の住宅を取得するための贈与を親から受けた際には、非課税枠が1000万円プラスされ、最高3500万円まで贈与税が課税されない特例制度も備わっています。
category : 住宅ローン | comments(0) | trackbacks(3)
ページトップ▲
スポンサードリンク

住宅ローンの援助方法1

住宅ローンの毎月の負担を少なくするためにも、住宅購入金の【頭金】は少しでも多いに越したことはありません。その半面、実行に移すのはとても容易ではありません。ひと口に【頭金】といっても、住宅購入ではその金額が数百万円になります。その金額を間単に用意できる人は限られるでしょう。しかし、【頭金】がなくて住宅が買えないのでは残念なことです。所得が少ない人や、収入があってもそれ以上に支出が多い人は一生賃貸生活をしなければならなくなってしまいます。
そこで、自分達だけでは必要額に満たないけれど、親から住宅購入用の資金援助が期待できる人は、思い切って住宅購入用の資金援助を受けましょう。そこで上手な住宅購入用の資金援助の受ける3つの方法を紹介しましょう。
1.借用書を作成する。
親から借金するという、いたって単純な話なのですが、注意しなければいけない点があります。「借りている」という事実を対外的に証明するために、借用書を作成することが欠かせません。口約束だけでは贈与と見なされることがあります。そこで、借入金額や借入期間、返済方法、金利などを記入した書面を作成し、課税回避することが重要です。さらに「毎月返済している」ことを記録として残すためにも、口座振替を利用することも忘れないようにしましょう。
本来は、親と子の当事者同士が賃貸人と賃借人という関係であることに合意さえしていれば、後は、あくまで当事者間の貸し借りで問題ないのだが、融資対象が住宅資金となると、その金額も大きくなるだけに【税務対策】を怠らないことが求められます。
category : 住宅ローン | comments(0) | trackbacks(2)
ページトップ▲
スポンサードリンク

フラット35の魅力

フラット35の特徴をまず述べておきましょう。フラット35は民間金融機関と住宅金融公庫が提携したことで実現した長期固定金利の住宅ローンなのです。主に短期の資金で資金調達を行う銀行などの民間金融機関は、長期固定金利の住宅ローンを取り扱うことが難しいです。そこで、住宅金融公庫は、フラット35を取り扱っている民間金融機関から住宅ローン(フラット35)を買い取り、それを担保とする債券を発行することで長期の資金調達を行い、民間金融機関が長期固定金利の住宅ローンを提供するしくみを支えています。フラット35を利用した人が住宅ローンの資金をお受け取りになると同時に、金融機関はお客様に対する住宅ローン債権を住宅金融公庫に譲渡します。(住宅金融公庫は、その債権を信託し、それを担保とした債券を投資家に発行することで、住宅ローンのための資金調達を行います。)
フラット35を借りた人の住宅ローン債権が金融機関から住宅金融公庫に譲渡されても、融資金利や返済期間などのご契約条件に変更はなく、ご返済手続きはお申込みになった金融機関が窓口となります。
フラット35の概要は大体このようなものですが、長期ローンになるため、初めの住宅ローンの組み方では先々不安があることもあるでしょうから、様々な住宅ローンを検討することをお勧めします。
category : 住宅ローン | comments(0) | trackbacks(3)
ページトップ▲
Page: 1/1   
住宅ローン | 住宅購入マニュアル 住宅購入で失敗しないためにサイトトップへ

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

Sponsored Links

Feed

無料ブログ作成サービス JUGEM