スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

住宅地の価格

マイホーム探しをする際に住宅地から探すときに住宅地の値段について疑問に思うことはありませんか。たとえば新興住宅団地などの分譲地の値段についてです。同じような場所であっても南向きや角地の住宅地は他の住宅地に比べて高いことが明らかです。
これは日本人が南向きの住宅地を好むことと角地には片方しか住宅が建たないためにお隣さんに少しでも気を使わないでよいためでしょう。(日本の狭い住宅地ではこのようなことが当然のように起こります。)
そのほかの土地において、自分が住みたい場所の住宅地を探すときに大体の相場というのを抑えておく必要があります。住宅地の相場はちょっとした条件で大きく変わることがありますので、ある程度住宅地の内容を把握しておく必要があります。また、国土交通省が発表している路線価をチェックしておきましょう。これはインターネットからでも知ることが出来ます。その路線価から公示価格と基準価格を比較して売り出している価格が妥当かどうか検討してみる必要があります。
もし、自分が思っているよりも安い値段で住宅地が売り出していた場合は購入を考えてもよいのではないでしょうか。反対に思っていたよりも住宅地の値段が高かった場合には高い理由を不動産会社に説明してもらい値段交渉をしてみるのもよいと思います。
住宅地を購入するときにただ単に値段交渉をしても実際は損をすることもありますので、住宅地の価格の相場を抑えておくことは重要だといえます。
category : 土地購入 | comments(0) | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

なぜ日当たりのよい住宅地を求めるのか

日本人は日当たりのよい住宅を求める傾向が外国に比べると多いようです。南向きの住宅地が他の住宅地より若干高値で取引されるのはそのような理由があるのでしょう。
しかし、完全に南向きが開けた住宅地はよく整備された団地などや都市計画に基づいた区画整理された住宅地でしか手に入れることは難しいでしょう。また、そのような土地は近辺の地区よりはるかに高い価格が付いています。
完全に南側が開けた住宅地だけが日光を浴びるわけではなくほかの方角が開けた土地であっても太陽の光は降り注ぎます。よっぽど周囲に高い建物や山などに囲まれていないのであれば太陽の光の入らない土地などないのです。
日当たりにこだわるのは日本人が農耕民族であるために太陽の恵みに感謝する習性があるためともいわれています。確かに日当たりのよい住宅地は気持ちが良いのですが、住宅の設計次第で日当たりのよい住宅はかなりの確立で作ることが可能です。
日当たりのよい住宅地にこだわり高い住宅地を求めるよりも、太陽の光の降り注ぐ住宅の設計をしたほうが得策といえます。
category : 土地購入 | comments(0) | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

軟弱地盤は地盤改良工事が必要です

住宅地は見た目上頑丈な地盤の上にあるのか軟弱な地盤の上にあるのか全くわかりません。あえて言えるのは造成地において、擁壁がある土地は埋め戻しをした確率が高いため、擁壁部分の土地はいくら点圧をしても地盤の強度を得ることはできません。
また、もともと田畑だった場所や、川沿いの土地なども地盤が弱いことが良くあります。
地盤調査によって軟弱地盤なのかそうではないのかは判明しますが、できることなら地盤調査を行う前に丈夫な地盤の土地を購入したいものです。
というのも地盤改良を行うと建築費とは別に地盤改良に伴う費用が必要になるためです。地盤改良方法は数種類ありますが、一番簡単な表層の地盤改良であってもやはり結構な金額が必要となってしまいます。
地盤改良をしなくても住宅を建てることは可能ですが、地盤が弱いとわかっていたらやはり地盤改良をしなければ住宅メーカーも住宅の保証ができません。
このようなことから、購入する土地の元々の地目を調べて明らかに地盤が弱いとわかるような土地であれば購入を見送るのが懸命といえます。
category : 土地購入 | comments(0) | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

擁壁工事が必要な土地は買わないように

住宅地を購入するときに土地が傾斜地になっているなっている場合が良くあります。造成した団地などでは擁壁工事を行っているために特に問題は無いのですが、昔の石積みの擁壁の場合新築住宅を立てることができないことがあります。
これは住宅を災害から守るために必要な措置であるのですが、擁壁工事は住宅地を購入した人が工事費用を見なければならない場合があるので要注意です。
見た目上傾斜地とはいえないような土地であっても実際確認申請を出したときに擁壁工事をしなければならないとお達しが来ることがあります。
このような擁壁工事の判断は素人では判断ができないために専門家による事前調査が必要となりますが、よほど気に入った土地でない限りこのような傾斜地の土地は購入するべきではないといえます。
擁壁工事は思いもよらないほどの金額を請求されることが多いために安くで土地を購入しても結局は他の土地のほうが安く購入できることが多いのが現実です。
category : 土地購入 | comments(0) | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

購入住宅地の面積にご用心

住宅地を購入するときに大地主さんの土地を分筆(分割して土地を売ること)した住宅地を購入することが良くあります。このような土地を購入するときに気をつけなければならないのが公簿売買された土地か実測売買された土地かということです。
公簿売買というのは明記上の坪数で実際の計測を伴わない住宅地の売買方法です。とはいっても一番初めに分筆したときには計測をしているのですが、昔の測量で行われた土地であれば測量自体に信用が置けないことがあります。
また、分筆した土地などを購入するときには契約書に実測面積と差異が生じた場合も売買代金の増減は認めないとうたっている場合が多いようです。
そのため、契約を結ぶ前に購入予定地が公簿売買でないか確認する必要があります。公簿売買された土地で測量をした結果明らかに面積が違う場合には最悪の場合建設予定の住宅の大きさを小さくしなくてはならなくなる場合があるので注意が必要です。
category : 土地購入 | comments(0) | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

位置指定道路には注意が必要

住宅地を購入するときに道路が無く私道の奥の土地を購入することがあると思います。造成された団地であれば行き止まりの土地であっても道路申請をしているために住宅を建てることは可能なのですが、区画整理されていない土地などでは見かけ上道路に見えても実際は道路申請をしていない土地もあります。
このような土地には道路法に基づいて違反で住宅を建設することができない場合があります。これは見かけ上道路があっても道路申請(位置指定道路)を行っていないために道路と2m以上接する必要がある接道が確保されていないことによります。
違反をクリアするために目の前の私道を道路申請するためには周辺の土地をもった人の承認が必要になることがありますので、近所付き合いがない場所では道路申請を行うのは難しいと思われるためにこのような土地の購入は控えるようにしましょう。
category : 土地購入 | comments(0) | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

建築条件付き住宅地のメリットとデメリット

新築でマイホーム購入を考えている人の多くは住宅地探しから行っているのではないでしょうか。やはりいくら住宅地が安くてもヘンピな場所には暮らしたくはないでしょう。
そこで大体のめぼしを付けて不動産情報を入手するのではないでしょうか。そのようなときに建築条件付き住宅地が目に留まることが多いと思います。
不動産屋さんは建築条件付き住宅地を強く勧めることがあります。また、仲介業者である不動産屋さんは直接の売主ではないことが多いので住宅地を開発した土地開発業者からの委託で建築条件付き住宅地を販売することもあります。
建築条件付き住宅地は一般の土地よりも安く設定されていることが多いので消費者であるわれわれにはとても魅力のある住宅地であるといえます。
しかし、建築条件付き住宅地にはメリットもあればもちろんデメリットもあります。もし、建築条件付き住宅地で勧める住宅が自分の理想と違う場合には住宅を建てることが不可能になる場合もあります。
建築条件付き住宅地は注文住宅を建てるようになっていることが多いと思いますが、実際は建売住宅に近い物件が多いのです。建売住宅でもよいという人には安く住宅を取得できるのでメリットになります。
しかし、完全に自分のプランで住宅を建てたいのであれば建築条件付き住宅地をあきらめなければならないかもしれません。
住宅購入費用が明確である分建築条件付き住宅地で住宅を建てた場合には予算を立てやすいということもありますので、建築条件付き住宅地を購入するのもマイホーム取得の選択肢に入れてもよいかもしれません。
category : 土地購入 | comments(0) | trackbacks(3)
ページトップ▲
スポンサードリンク

建築条件付の土地を購入するときには

住宅地を購入するときに様々な土地を検討することでしょう。気に入った住宅地に建築条件付という条件の付いた住宅地があることがあります。
このような住宅地は一般的に新興住宅地などに良く見られます。その住宅地周辺の土地より若干安い設定になっていることが通常です。
建築条件付住宅地には2つの内容があります。1つは住宅地に建設会社の建売住宅(仕様の決まった住宅)を建てる場合と、もう1つは指定された建設会社で注文住宅を建てる場合です。
やはり、建売住宅の場合のほうが購入金額自体が安く済みますが、注文住宅を建てたい場合は建築条件付住宅地ではなく他の住宅地を検討したほうがよいでしょう。
しかし、建築条件付住宅地が気に入った住宅地であった場合、ハウスメーカーなどが協賛して造成した住宅地でない場合別途手数料を払うと自分の気に入った住宅メーカーで住宅を建てることも可能なことがあります。
category : 土地購入 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
スポンサードリンク

住宅地に適した土地

あなたはどのような土地にマイホームを建てたいですか。都心部の1等地に自分のマイホームを建てたいと思う人もいるかもしれませんが、土地を購入して住宅を建てようと考えている人はまず難しいのではないでしょうか。よほどお金が有り余った人なら別ですが。
また、そのような場所は人の往来が多すぎてちょっと住宅として住むには住みづらい場所なのではないでしょうか。
それではどのような場所が住宅地として適しているのでしょう。最良の住宅地の判断は人それぞれで決まりはないのですが、空気の澄んだ環境が良いのであれば地方の自然が多い場所に住宅地を求めるでしょうし、ある程度利便性を求めるのであれば商店や会社に近い土地を探すでしょう。
どのような環境に住みたいかによって自分の求める住宅地は変わってきます。しかし、住宅地に望む1つの基準として、日当たりがよくて、ある程度落ち着いて生活できる環境を選ぶことで暮らしやすいマイホームをたてることができるのでないでしょうか。
category : 土地購入 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
スポンサードリンク

マイホームの前に土地探し

いざ住宅を立てるときに必要となるのはやはり住宅地ですよね。住宅地といっても様々な区分けがあります。第1種低層住宅地や、商業区域などというような名前を住宅を立てようとしている人は聞いたことがあると思います。
また、住宅地は場所によって坪単価がぜんぜん変わってきます。まず首都圏ではとても手が出る金額で土地を買うことは無理でしょう。
そのようなことから、マンション購入などを考える人も多いのではないでしょうか。
しかし、一戸建ての憧れが多いのも事実です。夢のマイホームといえばやはり一戸建てですから。そのような一戸建ての住宅には小さいながらも庭が欲しいものです。
やはりそのようなことを考えていくと少々通勤に不便でも住宅地は郊外になってしまいます。しかし、郊外の住宅地には良いところもたくさんあります。
そこにはやはり、多少なりとも自然が残っているでしょうし、なにより子供が自然の中で学習することができるというメリットがあります。
利便性を求めると住宅地の金額は高くなってしまいますが、衣食住の中の”住”を大事にするのであればやはり一戸建てで暮らすことが自然なのではないでしょうか。
category : 土地購入 | comments(0) | trackbacks(2)
ページトップ▲
Page: 1/1   
土地購入 | 住宅購入マニュアル 住宅購入で失敗しないためにサイトトップへ