スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

ホルムアルデヒドに関する規制をご存知ですか

 

住宅のシックホーム対策のうち一番取り組まれているのがホルムアルデヒドの飛散量を減らすこととされています。

そのため、ホルムアルデヒドに関する規制があるのですが、この規制には以下の3つの対策があります。


まず一番目に内装仕上げの制限です。

この内装仕上げの制限については実にさまざまな材料に規制がかけられています。

住宅に用いられる建材はもちろん、接着剤やクロスにまでホルムアルデヒドの入った製品を使用しないことになっています。


次に換気設備の義務です。



category : 基礎知識 | comments(11) | -
ページトップ▲
スポンサードリンク

リビングは広々とした空間を演出しましょう

本来、日本の家というのは障子かふすまで間仕切りをしていました。このことにより、昔の家では人が沢山集まるときには障子やふすまを全て外すことにより、住宅内に大広間を作ることができました。
現在の住宅は間仕切りが多く大きな空間を瞬時にして作ることはできません。耐力壁が多いことにより、住宅の耐震上はとてもよいのですが、住宅内でホームパーティー等の人の集まるときにはちょっと手狭になることがあります。これは市街地に近い土地に家を建てる人は顕著になってしまうのではないでしょうか。
そこで、そのような家の場合、住宅の1階部分のリビング、ダイニング、キッチンを1つの部屋にしてみませんか。1部屋にすることで今まで間仕切られていた空間が1つの部屋となり、住宅内にたくさんのお客さんを呼んでも手狭になることはなくなります。
しかし、ここで不安になるのは地震などの災害に対する壁面(耐力壁)の少なさだと思います。耐震力を高めるには住宅内に壁面を多くする必要があります。そこで1つの大きな空間を作りながらも必要な耐力壁を作るようにすれば地震への耐震力向上を図ることが可能となります。また、住宅内の部屋に耐力壁を設けることで梁なども大きくする必要がなくなり、結果的に住宅の建設コストを下げることも可能となります。この耐力壁を設けたことで部屋にちょっとした間仕切りが出来てしまいますが、完全にクローズ状態にあるわけではないのでそれほど気になることもないと思われます。
マイホームを建てるときにはこのような大広間を設けてみてはどうでしょうか。
category : 基礎知識 | comments(0) | -
ページトップ▲
Page: 1/34   >>
住宅購入マニュアル 住宅購入で失敗しないためにサイトトップへ